店舗検索 >> 新着 ( 930 )
店舗検索
蕎麦春秋掲載店舗の検索が出来ます。
minus 発売号別一覧
一般紹介店舗 一般紹介店舗
Total: 3 (3)
「蕎麦春秋vol.1」(07年春号) 「蕎麦春秋vol.1」(07年春号)
Total: 11 (11)
「蕎麦春秋vol.2」(07年夏号) 「蕎麦春秋vol.2」(07年夏号)
Total: 12 (12)
「蕎麦春秋vol.3」(07年秋号) 「蕎麦春秋vol.3」(07年秋号)
Total: 12 (12)
「蕎麦春秋vol.4」(07年冬号) 「蕎麦春秋vol.4」(07年冬号)
Total: 13 (13)
「蕎麦春秋vol.5」(08年春号) 「蕎麦春秋vol.5」(08年春号)
Total: 10 (10)
「蕎麦春秋vol.6」(08年夏号) 「蕎麦春秋vol.6」(08年夏号)
Total: 16 (16)
「蕎麦春秋vol.7」(08年秋号) 「蕎麦春秋vol.7」(08年秋号)
Total: 26 (26)
「蕎麦春秋vol.8」(08年冬号) 「蕎麦春秋vol.8」(08年冬号)
Total: 15 (15)
「蕎麦春秋vol.9」(09年春号) 「蕎麦春秋vol.9」(09年春号)
Total: 24 (24)
「蕎麦春秋vol.10」(09年夏号) 「蕎麦春秋vol.10」(09年夏号)
Total: 26 (26)
「蕎麦春秋vol.11」(09年秋号) 「蕎麦春秋vol.11」(09年秋号)
Total: 14 (14)
「蕎麦春秋vol.12」(09年冬号) 「蕎麦春秋vol.12」(09年冬号)
Total: 18 (18)
「蕎麦春秋vol.13」(10年春号) 「蕎麦春秋vol.13」(10年春号)
Total: 17 (17)
「蕎麦春秋vol.14」(10年夏号) 「蕎麦春秋vol.14」(10年夏号)
Total: 12 (12)
「蕎麦春秋vol.15」(10年秋号) 「蕎麦春秋vol.15」(10年秋号)
Total: 18 (18)
「蕎麦春秋vol.16」(10年冬号) 「蕎麦春秋vol.16」(10年冬号)
Total: 14 (14)
「蕎麦春秋vol.17」(11年春号) 「蕎麦春秋vol.17」(11年春号)
Total: 16 (16)
「蕎麦春秋vol.18」(11年夏号) 「蕎麦春秋vol.18」(11年夏号)
Total: 21 (21)
「蕎麦春秋vol.19」(11年秋号) 「蕎麦春秋vol.19」(11年秋号)
Total: 24 (24)
「蕎麦春秋vol.20」(12年冬号) 「蕎麦春秋vol.20」(12年冬号)
Total: 29 (29)
「蕎麦春秋vol.21」(12年春号) 「蕎麦春秋vol.21」(12年春号)
Total: 23 (23)
「蕎麦春秋vol.22」(12年夏号) 「蕎麦春秋vol.22」(12年夏号)
Total: 13 (13)
「蕎麦春秋vol.23」(12年秋号) 「蕎麦春秋vol.23」(12年秋号)
Total: 21 (21)
「蕎麦春秋vol.24」(13年冬号) 「蕎麦春秋vol.24」(13年冬号)
Total: 15 (15)
「蕎麦春秋vol.25」(13年春号) 「蕎麦春秋vol.25」(13年春号)
Total: 18 (18)
「蕎麦春秋vol.26」(13年夏号)    	 		 「蕎麦春秋vol.26」(13年夏号)
Total: 18 (18)
「蕎麦春秋vol.27」(13年秋号) 「蕎麦春秋vol.27」(13年秋号)
Total: 17 (17)
「蕎麦春秋vol.28」(14年冬号) 「蕎麦春秋vol.28」(14年冬号)
Total: 15 (15)
「蕎麦春秋vol.29」(14年春号) 「蕎麦春秋vol.29」(14年春号)
Total: 14 (14)
「蕎麦春秋vol.30」(14年夏号) 「蕎麦春秋vol.30」(14年夏号)
Total: 15 (15)
「蕎麦春秋vol.31」(14年秋号) 「蕎麦春秋vol.31」(14年秋号)
Total: 20 (20)
「蕎麦春秋vol.32」(15年冬号) 「蕎麦春秋vol.32」(15年冬号)
Total: 19 (19)
「蕎麦春秋vol.33」(15年春号) 「蕎麦春秋vol.33」(15年春号)
Total: 26 (26)
「蕎麦春秋vol.34」(15年夏号) 「蕎麦春秋vol.34」(15年夏号)
Total: 21 (21)
「蕎麦春秋vol.35」(15年秋号) 「蕎麦春秋vol.35」(15年秋号)
Total: 22 (22)
「蕎麦春秋vol.36」(16年冬号) 「蕎麦春秋vol.36」(16年冬号)
Total: 23 (23)
「蕎麦春秋vol.37」(16年春号) 「蕎麦春秋vol.37」(16年春号)
Total: 24 (24)
「蕎麦春秋vol.38」(16年夏号) 「蕎麦春秋vol.38」(16年夏号)
Total: 14 (14)
「蕎麦春秋vol.39」(16年秋号) 「蕎麦春秋vol.39」(16年秋号)
Total: 18 (18)
「蕎麦春秋vol.40」(17年冬号) 「蕎麦春秋vol.40」(17年冬号)
Total: 12 (12)
「蕎麦春秋vol.41」(17年春号) 「蕎麦春秋vol.41」(17年春号)
Total: 8 (8)
「蕎麦春秋vol.42」(17年夏号) 「蕎麦春秋vol.42」(17年夏号)
Total: 8 (8)
「蕎麦春秋vol.43」(17年秋号) 「蕎麦春秋vol.43」(17年秋号)
Total: 13 (13)
「蕎麦春秋vol.44」 (17年冬号) 「蕎麦春秋vol.44」 (17年冬号)
Total: 11 (11)
「蕎麦春秋vol.45」 (18年春号) 「蕎麦春秋vol.45」 (18年春号)
Total: 16 (16)
「蕎麦春秋vol.46」(18年夏号) 「蕎麦春秋vol.46」(18年夏号)
Total: 14 (14)
「蕎麦春秋vol.47」(18年秋号) 「蕎麦春秋vol.47」(18年秋号)
Total: 12 (12)
「蕎麦春秋 vol.48」(18年冬号) 「蕎麦春秋 vol.48」(18年冬号)
Total: 8 (8)
「蕎麦春秋vol.49」(19年春号) 「蕎麦春秋vol.49」(19年春号)
Total: 13 (13)
「蕎麦春秋vol.50」(19年夏号) 「蕎麦春秋vol.50」(19年夏号)
Total: 11 (11)
「蕎麦春秋vol.51」(19年秋号) 「蕎麦春秋vol.51」(19年秋号)
Total: 11 (11)
「蕎麦春秋vol.52」(20年冬号) 「蕎麦春秋vol.52」(20年冬号)
Total: 15 (15)
「蕎麦春秋vol.53」(20年春号) 「蕎麦春秋vol.53」(20年春号)
Total: 16 (16)
「蕎麦春秋vol.54」(20年夏号) 「蕎麦春秋vol.54」(20年夏号)
Total: 8 (8)
「蕎麦春秋vol.55」(20年秋号) 「蕎麦春秋vol.55」(20年秋号)
Total: 10 (10)
「蕎麦春秋vol.56」(21年冬号) 「蕎麦春秋vol.56」(21年冬号)
Total: 8 (8)
「蕎麦春秋vol.57」(21年春号) 「蕎麦春秋vol.57」(21年春号)
Total: 10 (10)
「蕎麦春秋vol.58」(21年夏号) 「蕎麦春秋vol.58」(21年夏号)
Total: 11 (11)
「蕎麦春秋vol.59」(21年秋号) 「蕎麦春秋vol.59」(21年秋号)
Total: 8 (8)
新着 Total 930


  • 画像をクリックすると、住所、電話番号、営業時間、定休日が閲覧できます

1 番 - 6 番を表示 (全 930 枚)
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 ... [155] »
江戸蕎麦手打處 あさだ
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.59」(21年秋号)    
江戸時代から続く老舗に大変革をもたらした


創業は1854年という老舗中の老舗。店主の粕谷育功さんは道場六三郎氏の創作和食店「銀座ろくさん亭」や、徳島の名割烹「青柳」等で修行を重ねた確かな腕の持ち主。赤城深山ファームの夏新と旬の野菜を使った「野菜天せいろ」(1,500円)の他、和食の一品料理も充実。
手打ち十割さらしな 蕎麦きり みやび庵
投稿者 運営担当    
タグ 埼玉県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.59」(21年秋号)    
桜、よもぎ、山椒、柚子 四季を味わう変わりそば


店主の福井雅文さんは十割の更科そばを生粉打ちで打ちこなす。四季折々の食材を用いた期間限定の変わりそばが人気で、「夏から秋の変わり蕎麦 木の芽きり」(1,200円)は山椒の風味が引き立つ。夏と秋の年二回、赤城深山ファームから取り寄せた新ソバを楽しむこともできる。
信州戸隠そば処 仁王門屋
投稿者 運営担当    
タグ 長野県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.59」(21年秋号)    
神話の伝説が残る戸隠で頂く「三味そば」


「ぼっち盛り」が有名な日本三大そばの一つ「戸隠そば」の名店。戸隠産のソバ粉は流通量が少なく稀少性が高い。「三味そば」(1,300円)には「ごまくるみ」「醤油」「えごま」の3種類のつけ汁がつく。同店が元祖という「そばソフトクリーム」(350円)も絶品だ。
手打ち蕎麦 やの志ん
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.59」(21年秋号)    
喉越しがいい細打ちの「海老天せいろ」


人気は「海老天せいろ」(1,540円)。北海道産の2種類のソバ粉をブレンドした細打ちのそばと、辛味がキリッとした濃口のつゆがマッチする。天ぷらはタネが大きくボリューミーだ。全国各地の日本酒を用意しており、お酒に合う一品料理も豊富に取り揃える。
手打ち蕎麦 汐見
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.59」(21年秋号)    
店主自ら収穫に赴く旨いソバ


同店店主は老舗割烹「松下」で修業を積んだ和食の料理人でもある。同店のそばは食材に対してもシビアな目を持つ店主が収穫を手伝うほど惚れ込んだ赤城深山ファームのソバの実が使われている。供されるそばは十割ながら滑らかな喉越しで、さわやかな風味が特徴だ。
そば処 あかふ
投稿者 運営担当    
タグ 群馬県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.59」(21年秋号)    
自由な発想から生まれる創作そば


同店で供される「鴨ローストの塩そば」(1,280円)は醤油を一切使わない異色のそばで、店主が修業時代から温めてきた自信作。つゆは昆布、シイタケ、本節、アサリのだしに「水塩」と呼ばれる濃縮海水を加えたもの。海水由来の様々なミネラルと特製だしから生まれる重厚な味わいに仕上がっている。


最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

ログイン

ユーザー名:

パスワード:



店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る