店舗検索 >> 新着 ( 942 )
店舗検索
蕎麦春秋掲載店舗の検索が出来ます。
minus 発売号別一覧
一般紹介店舗 一般紹介店舗
Total: 3 (3)
「蕎麦春秋vol.1」(07年春号) 「蕎麦春秋vol.1」(07年春号)
Total: 11 (11)
「蕎麦春秋vol.2」(07年夏号) 「蕎麦春秋vol.2」(07年夏号)
Total: 12 (12)
「蕎麦春秋vol.3」(07年秋号) 「蕎麦春秋vol.3」(07年秋号)
Total: 12 (12)
「蕎麦春秋vol.4」(07年冬号) 「蕎麦春秋vol.4」(07年冬号)
Total: 13 (13)
「蕎麦春秋vol.5」(08年春号) 「蕎麦春秋vol.5」(08年春号)
Total: 10 (10)
「蕎麦春秋vol.6」(08年夏号) 「蕎麦春秋vol.6」(08年夏号)
Total: 16 (16)
「蕎麦春秋vol.7」(08年秋号) 「蕎麦春秋vol.7」(08年秋号)
Total: 26 (26)
「蕎麦春秋vol.8」(08年冬号) 「蕎麦春秋vol.8」(08年冬号)
Total: 15 (15)
「蕎麦春秋vol.9」(09年春号) 「蕎麦春秋vol.9」(09年春号)
Total: 24 (24)
「蕎麦春秋vol.10」(09年夏号) 「蕎麦春秋vol.10」(09年夏号)
Total: 26 (26)
「蕎麦春秋vol.11」(09年秋号) 「蕎麦春秋vol.11」(09年秋号)
Total: 14 (14)
「蕎麦春秋vol.12」(09年冬号) 「蕎麦春秋vol.12」(09年冬号)
Total: 18 (18)
「蕎麦春秋vol.13」(10年春号) 「蕎麦春秋vol.13」(10年春号)
Total: 17 (17)
「蕎麦春秋vol.14」(10年夏号) 「蕎麦春秋vol.14」(10年夏号)
Total: 12 (12)
「蕎麦春秋vol.15」(10年秋号) 「蕎麦春秋vol.15」(10年秋号)
Total: 18 (18)
「蕎麦春秋vol.16」(10年冬号) 「蕎麦春秋vol.16」(10年冬号)
Total: 14 (14)
「蕎麦春秋vol.17」(11年春号) 「蕎麦春秋vol.17」(11年春号)
Total: 16 (16)
「蕎麦春秋vol.18」(11年夏号) 「蕎麦春秋vol.18」(11年夏号)
Total: 21 (21)
「蕎麦春秋vol.19」(11年秋号) 「蕎麦春秋vol.19」(11年秋号)
Total: 24 (24)
「蕎麦春秋vol.20」(12年冬号) 「蕎麦春秋vol.20」(12年冬号)
Total: 29 (29)
「蕎麦春秋vol.21」(12年春号) 「蕎麦春秋vol.21」(12年春号)
Total: 23 (23)
「蕎麦春秋vol.22」(12年夏号) 「蕎麦春秋vol.22」(12年夏号)
Total: 13 (13)
「蕎麦春秋vol.23」(12年秋号) 「蕎麦春秋vol.23」(12年秋号)
Total: 21 (21)
「蕎麦春秋vol.24」(13年冬号) 「蕎麦春秋vol.24」(13年冬号)
Total: 15 (15)
「蕎麦春秋vol.25」(13年春号) 「蕎麦春秋vol.25」(13年春号)
Total: 18 (18)
「蕎麦春秋vol.26」(13年夏号)    	 		 「蕎麦春秋vol.26」(13年夏号)
Total: 18 (18)
「蕎麦春秋vol.27」(13年秋号) 「蕎麦春秋vol.27」(13年秋号)
Total: 17 (17)
「蕎麦春秋vol.28」(14年冬号) 「蕎麦春秋vol.28」(14年冬号)
Total: 15 (15)
「蕎麦春秋vol.29」(14年春号) 「蕎麦春秋vol.29」(14年春号)
Total: 14 (14)
「蕎麦春秋vol.30」(14年夏号) 「蕎麦春秋vol.30」(14年夏号)
Total: 15 (15)
「蕎麦春秋vol.31」(14年秋号) 「蕎麦春秋vol.31」(14年秋号)
Total: 20 (20)
「蕎麦春秋vol.32」(15年冬号) 「蕎麦春秋vol.32」(15年冬号)
Total: 19 (19)
「蕎麦春秋vol.33」(15年春号) 「蕎麦春秋vol.33」(15年春号)
Total: 26 (26)
「蕎麦春秋vol.34」(15年夏号) 「蕎麦春秋vol.34」(15年夏号)
Total: 21 (21)
「蕎麦春秋vol.35」(15年秋号) 「蕎麦春秋vol.35」(15年秋号)
Total: 22 (22)
「蕎麦春秋vol.36」(16年冬号) 「蕎麦春秋vol.36」(16年冬号)
Total: 23 (23)
「蕎麦春秋vol.37」(16年春号) 「蕎麦春秋vol.37」(16年春号)
Total: 24 (24)
「蕎麦春秋vol.38」(16年夏号) 「蕎麦春秋vol.38」(16年夏号)
Total: 14 (14)
「蕎麦春秋vol.39」(16年秋号) 「蕎麦春秋vol.39」(16年秋号)
Total: 18 (18)
「蕎麦春秋vol.40」(17年冬号) 「蕎麦春秋vol.40」(17年冬号)
Total: 12 (12)
「蕎麦春秋vol.41」(17年春号) 「蕎麦春秋vol.41」(17年春号)
Total: 8 (8)
「蕎麦春秋vol.42」(17年夏号) 「蕎麦春秋vol.42」(17年夏号)
Total: 8 (8)
「蕎麦春秋vol.43」(17年秋号) 「蕎麦春秋vol.43」(17年秋号)
Total: 13 (13)
「蕎麦春秋vol.44」 (17年冬号) 「蕎麦春秋vol.44」 (17年冬号)
Total: 11 (11)
「蕎麦春秋vol.45」 (18年春号) 「蕎麦春秋vol.45」 (18年春号)
Total: 16 (16)
「蕎麦春秋vol.46」(18年夏号) 「蕎麦春秋vol.46」(18年夏号)
Total: 14 (14)
「蕎麦春秋vol.47」(18年秋号) 「蕎麦春秋vol.47」(18年秋号)
Total: 12 (12)
「蕎麦春秋 vol.48」(18年冬号) 「蕎麦春秋 vol.48」(18年冬号)
Total: 8 (8)
「蕎麦春秋vol.49」(19年春号) 「蕎麦春秋vol.49」(19年春号)
Total: 13 (13)
「蕎麦春秋vol.50」(19年夏号) 「蕎麦春秋vol.50」(19年夏号)
Total: 11 (11)
「蕎麦春秋vol.51」(19年秋号) 「蕎麦春秋vol.51」(19年秋号)
Total: 11 (11)
「蕎麦春秋vol.52」(20年冬号) 「蕎麦春秋vol.52」(20年冬号)
Total: 15 (15)
「蕎麦春秋vol.53」(20年春号) 「蕎麦春秋vol.53」(20年春号)
Total: 16 (16)
「蕎麦春秋vol.54」(20年夏号) 「蕎麦春秋vol.54」(20年夏号)
Total: 8 (8)
「蕎麦春秋vol.55」(20年秋号) 「蕎麦春秋vol.55」(20年秋号)
Total: 10 (10)
「蕎麦春秋vol.56」(21年冬号) 「蕎麦春秋vol.56」(21年冬号)
Total: 8 (8)
「蕎麦春秋vol.57」(21年春号) 「蕎麦春秋vol.57」(21年春号)
Total: 10 (10)
「蕎麦春秋vol.58」(21年夏号) 「蕎麦春秋vol.58」(21年夏号)
Total: 11 (11)
「蕎麦春秋vol.59」(21年秋号) 「蕎麦春秋vol.59」(21年秋号)
Total: 8 (8)
「蕎麦春秋vol.60」(22年冬号) 「蕎麦春秋vol.60」(22年冬号)
Total: 12 (12)
新着 Total 942


  • 画像をクリックすると、住所、電話番号、営業時間、定休日が閲覧できます

7 番 - 12 番を表示 (全 942 枚)
« 1 (2) 3 4 5 6 7 8 9 ... [157] »
そばよし元町本店
投稿者 運営担当    
タグ 大阪府 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.60」(22年冬号)    
京都の名刹・大幸寺の食文化を受け継ぐ胡麻切りそば


そばよし元町本店は、黒ゴマを練り込んだ機械打ちの胡麻切りそばと、手打ちの二八そばの2本立て。同店の新しい名物として期待される新メニュー「つくね鴨ざる」(1,320円)は、鴨油の香りがそばを引き立てる。
hanako 北堀江
投稿者 運営担当    
タグ 大阪府 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.60」(22年冬号)    
キャッチーなそばを目指して辿り着いた丹波黒豆蕎麦


「京鴨つけざる蕎麦」(1,380円)は、そばに京都・丹波産の黒豆が練り込まれており、上品で香ばしい。京鴨はロースが使われており、上質な脂肪が適度に入り、ジューシーな味わいと風味が特徴だ。
衣笠本店
投稿者 運営担当    
タグ 大阪府 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.60」(22年冬号)    
ノスタルジックな“昭和のそば屋”


「天ざる」(1,100円)のそばは、つなぎとソバが1対3の手ごねの機械打ち。使用されているソバは100%国産のもの。
手打蕎麦 なにわ翁
投稿者 運営担当    
タグ 大阪府 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.60」(22年冬号)    
高橋邦弘名人直伝の二八そば


そば打ち名人として知られる「杵築 達磨」の高橋邦弘氏から薫陶を受けた店主が開業した同店。「二八のざるそば」(900円)は、「すすり、弾力、喉越し」を追求した高橋名人直伝の逸品。
そば専科 植田塾
投稿者 運営担当    
タグ 大阪府 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.60」(22年冬号)    
そば打ち教室が経営するそば店


植田塾といえば、述べ2万人の生徒にそば打ち指南をしてきた西の名門。同塾の「吟醸」(普通盛り550円)はオーソドックスな二八そばながら、そば打ち歴25年の塾長の手によって、二八のあっさりとした喉越しとソバの香味が両立した逸品へと仕上がっている。
京町堀 武蔵
投稿者 運営担当    
タグ 大阪府 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.60」(22年冬号)    
夜は「本格手打ち」専門店


昼は大衆店「江戸堀 武蔵野」としてそばと丼を、夜は「京町堀 武蔵」として手打ちそばを提供する同店。「京町堀 武蔵」の「玄挽き蕎麦」(880円)は最高級の金砂郷産の常陸秋ソバを粗挽きし、外二で打った逸品だ。


最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

ログイン

ユーザー名:

パスワード:



店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る