店舗検索 >> 運営担当 さんの画像をもっと ( 941 )
店舗検索
運営担当 さんの画像をもっと Total 941


  • 画像をクリックすると、住所、電話番号、営業時間、定休日が閲覧できます

並び替え:   タイトル ( up down )   更新日時 ( up down )   ヒット数 ( up down )  
現在の並び順: ヒット数 (高→低)

901 番 - 906 番を表示 (全 941 枚)
« [1] ... 147 148 149 150 (151) 152 153 154 155 ... [157] »
蕎麦酒房 天山 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 福島県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.56」(21年冬号)    
更科粉多めの上品な十割そば


同店の「ざるそば」(900円)に使われているソバ粉は地元産の「会津のかおり」。それを10割で打つのだが、同店の場合は金臼と石臼で引いた粉をブレンドしている。粉に含まれる更科粉の割合が多いので見目がよいのだ。
そばと酒 えもり 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.57」(21年春号)    
十割で打つのはソバの個性を際立たせるため


毎日産地の異なる2種類のそばを提供する同店は、産地に応じて粉を挽き分け、十割でそばを打ち分けている。喉越しのいい「せいろ」(1,000円)は、風味が豊かでしっかりとしたコシがある。
蕎麦 おさめ 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.57」(21年春号)    
産地選び、工程全てに心を配り在来種の美味しさを伝えたい


「玄挽きそば(左)」(1,200円)と「せいろ」(1,200円)それぞれ使われている粉の粒度が異なり風味が違ってくる。同店では、産地の異なる3種類の在来種を日によって使い分けており、「挽きぐるみ」「丸抜き」とソバごとに打ち分けている。
古譚 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.57」(21年春号)    
二八との違いが明確なオールドスタイルの十割そば


「二色そば」(1,000円)は食べ比べができ、二八(左)は緑がかった薄色であるのに対し、甘皮を挽き込んだ十割は濃い色だ。また若干十割の方が太い等両者の違いがはっきりとわかり、より十割そばを堪能することができる。
そば処 やぶそば 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 福島県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.56」(21年冬号)    
震災を乗り越えた名店


なんでも、福島ではニシンのそばが珍しいのだとか。同店の「にしんそば」(1,150円)は店主の山内悟氏が「ぜひ流行らせたい!」と意気込むメニュー。味だけではなく、飾り切りされたカマボコが目も楽しませてくれる逸品である。
杵築 達磨 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 大分県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.56」(21年冬号)    
そばの神様が打つ二八そば


そば打ちの神様として知られる高橋邦弘氏が営む同店。「もりそば」(820円)は二八そばで、高橋氏の代名詞ともいえるメニュー。二八そばのウリである喉越しはよく、それでいて豊かな香味を楽しめる逸品だ。しかし、高橋氏は2021年を機に同店を弟子に譲り退くとのことだ。


最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

ログイン

ユーザー名:

パスワード:



店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る