トップ  >  関連記事  >  取り寄せたそばを茹でる
取り寄せた蕎麦を茹でる
(1)

「茹で」は、そばの味を決定付ける重要な作業。
大量の沸騰した湯に、1人前だけを入れて茹でることを厳守したい。
取り寄せで届いた生そばは、冷蔵庫から出して常温に近い温度にしておき、
1人前分を、ほぐしながら手早く投入する。





(2)

茹で時間は、そば店の指示を厳守する。
5秒の茹で時間の違いで、食味は変化する。
そばを投入したことで、一旦下がった湯の温度を、
なるべく早く回復させることが大切。
強火で加熱しながら、麺がくっつかないように、
箸で、ごく軽くほぐす。




(3)

吹きこぼれないように注意しながら、湯の温度を高温に保つ。
ぐらぐらと湯が沸き上がるような状態が理想的。
同じ湯で茹でを繰り返すと、吹きこぼれやすくなるので要注意。
1回ごとにアクをすくいとり、熱湯を足しておくと、吹きこぼれしにくい。





(4)

茹で時間より、数秒早い段階から、そばをざるにあげ始める。
湯が熱いので、火傷をしないよう注意する。
ここで時間がかかると、せっかくのそばがのびてしまうので、
事前にざるが鍋に入るか等を確認、練習しておき、手早く作業する。





(5)

そばをざるにあげたら、間をおかず水道の流水で締める。
手早く洗って麺の表面のぬめりをとる。
そのあと氷を入れた水に数秒さらして締めてもよい。
冷やし過ぎると、食べた時に風味を感じにくくなる。
氷は必ずしも必要ではない。




(6)

麺の水を切って、ざるに盛りつける。
盛り付けのコツは、2〜3口分をつまんで、何回かに分けて盛り付ける。
このことで見栄えよく、食べやすく盛ることができる。
ざるに盛ったら、間をおかずに食べる。そばの味は秒単位で変化していく。




お取り寄せ可能 そば屋
・こそば亭(新潟@妙高市)
・蕎香 (栃木◎下都賀)
・そば蔵 谷川(福井◎越前市)
・一風庵(島根◎仁多郡)

取り寄せそば大全TOP
プリンタ用画面

最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

ログイン

ユーザー名:

パスワード:



新規登録

オススメ商品

Please wait...
店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る