トップ  >  関連記事  >  取り寄せそば大全
取り寄せ蕎麦大全












その土地にしか出回らない「在来種の新蕎麦」を楽しむ
写真・文=片山虎之介


新そばの季節がやってきた。
はるばる遠い産地に足を運ばなくても、
うまい新そばを取り寄せることができる。
輸送技術が発達した現代の恩恵を享受して、
うまいそばを味わいたい



 新そばの季節だ。新そばは大きく分けて、夏に出る「夏新」と、晩秋に出る「秋新」がある。
 夏の新そばは、北海道等で収穫される夏そばが使われる。
「秋新」は主に、本州等で栽培される在来種等の秋蕎麦で打たれる。江戸の昔から夏新よりも秋新がうまいとされ、そば好きの江戸っ子は、秋の新そばが出るのを、首を長くして待ったものだった。

 輸送、冷蔵技術の発達した現代は、自宅にいながら、遠い名産地の秋新を味わうことができる。それを取り寄せて味わってみたい。取り寄せだと、そばを打ってから手元に届くまで、少々時間を要する。そばは「打ちたて」がうまいという説もあるが、江戸そばの伝統では、打ちたてを茹でるのは、薦められないこととされている。包丁切りしたばかりのそばは「包丁下」と呼ばれ、しばらく寝かせてから茹でるのが、常識だ。ある程度時間を置いたほうが、粉と水がしっくりよくなじむのだ。

 この後、紹介する店は、いずれもそばの産地に根をおろし、うまいと評判の名店ばかり。1年に1度のそばの旬「秋新」を、そば好きなら、ぜひ、味わっていただきたい。

Page1こそば亭(新潟@妙高市)
Page2蕎香 (栃木◎下都賀)
Page3そば蔵 谷川(福井◎越前市)
Page4一風庵(島根◎仁多郡)

≪取り寄せた蕎麦の茹で方≫

プリンタ用画面

最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

ログイン

ユーザー名:

パスワード:



新規登録

オススメ商品

Please wait...
店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る