店舗検索 >> 「蕎麦春秋vol.55」(20年秋号) 「蕎麦春秋vol.55」(20年秋号) ( 10 )
店舗検索


  • 画像をクリックすると、住所、電話番号、営業時間、定休日が閲覧できます

並び替え:   タイトル ( up down )   更新日時 ( up down )   ヒット数 ( up down )  
現在の並び順: 更新日時 (新→旧)

1 番 - 6 番を表示 (全 10 枚)
(1) 2 »
しろう
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.55」(20年秋号)    
旬の食材を使った天ぷら


店主お薦めの「特上天せいろ」(3,180円)は生ズワイガニ2本、大エビ、季節の野菜各種の天ぷらがつき、とにかくボリューミー。またプラス250円でそばを田舎そばと更科そばの2種盛りにできる。田舎そばは、ソバの旨味が力強く、更科にはレモンの皮が練りこまれており、爽やかな味わい。
蕎麦ひびき庵
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.55」(20年秋号)    
見目のよい細打ちの二八そば


同店のそばには粗挽きのソバ粉が使われており、麺にはホシが浮かびまず見た目がよい。加えて、粗挽きゆえに香りを強く感じられることも魅力の一つだ。また、店内はバリアフリー化されており、高齢のお客や、足が不自由な方も安心できるつくり。写真は「粗挽きせいろ」(1,000円)、「せいろ」(800円)。
手打そば 蛍
投稿者 運営担当    
タグ 鹿児島県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.55」(20年秋号)    
郷土料理「そばきい」をアレンジしたそば


同店の「ざる」(900円)は鹿児島の郷土そば、そばきいをアレンジした逸品。そばきいは十割の田舎そばで、麺は太くて短い。それゆえの弾力のある歯ごたえとコシの強さが特徴。同店はそんなそばきいを細打ちにアレンジ。そばの喉越しとそばきいの食感を両方楽しめる
よこい処 しいばや
投稿者 運営担当    
タグ 宮崎県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.55」(20年秋号)    
焼畑農法でつくられたソバ


同店で供されるそばには焼畑農法でつくられたソバが使われている。焼畑ソバの特徴は、なんといっても粘りと強い香り。期間限定の「宮崎へべす蕎麦」(800円)はスダチの代わりに日向産の「ヘベス」が冷たいそばに載った人気メニューだ。
十割そば 温川
投稿者 運営担当    
タグ 大分県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.55」(20年秋号)    
2種類の岩塩で十割そばを味わう


同店の十割そばに使われているソバは滋賀・東近江産で、もちもちとした歯ごたえが持ち味。同店では食感と香味を楽しむために、まずはヒマラヤ、ブラックの2つの岩塩につけて味わうことが推奨。特に、ブラック岩塩は硫黄の香りが温泉地の由布院にぴったり。写真は「鴨南蛮盛りそば」(1,200円)。
古式手打そば 泉
投稿者 運営担当    
タグ 大分県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.55」(20年秋号)    
大分に十割そばを普及させた名店


大分で十割そばが主流なのはその同店の影響が強い。同店では大分の多くのそば職人が修行し、十割そばを学んで独立していったからだ。同店の代名詞的なメニューが「せいろそば」(1,320円)。甘皮まで挽いた十割そばを甘めのつゆで頂く。


最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

ログイン

ユーザー名:

パスワード:



店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る