店舗検索 >> 「蕎麦春秋vol.12」(09年冬号) 「蕎麦春秋vol.12」(09年冬号) ( 18 )
店舗検索


  • 画像をクリックすると、住所、電話番号、営業時間、定休日が閲覧できます

並び替え:   タイトル ( up down )   更新日時 ( up down )   ヒット数 ( up down )  
現在の並び順: タイトル (Z → A)

7 番 - 12 番を表示 (全 18 枚)
« 1 (2) 3 »
更科本店 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 山梨県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.12」(09年冬号)    
B級グルメの「とりモツ」も食べられる


麺類と「とりモツ」(400円)、「半おでん」(400円)のどちらかをプラスしたセットで800円。写真は「山家そば」840円。そばはうどんのように平べったい。
山せみ 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.12」(09年冬号)    
そばかっけと湯豆腐


「そばかっけ」とは岩手の郷土料理。そばを切る際に生じる切れ端を、どうにか食べられないかと、できた料理といわれる。「そばかっけと湯豆腐」(写真、750円)は、そば湯が入った鍋の中にそばかっけ(十割)、豆腐、水菜を入れ、もりつゆかにんにく味噌で食べる。薬味は山椒と大根おろし。
奥義(おくよし) 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 山梨県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.12」(09年冬号)    
奥村本店の暖簾分けの1つ


おろしの「一口そば」(写真)は350円。ほかに、たぬき、きつね、納豆、なめこ、めんたい、とろろ、天のせがある。値段は350〜400円。
奥村本店 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 山梨県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.12」(09年冬号)    
「自分の気に入らないものは売るな」という伝統


暖簾分けは明治以降、15〜16軒だというが、現在、いったい何軒になっているのか、正確な数字はわからない。洗練された江戸の味を感じさせる「ざる」(写真)は850円。
奈良田本店 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 山梨県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.12」(09年冬号)    
観光バスが横づけするそば屋


団体の観光客にも対応できる大広間がある。そばも本格的。そば十割で山芋をつなぎにし、細切りにした「ごっちょ蕎麦」(写真)は900円。
天祥庵 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.12」(09年冬号)    
酒、味醂、醤油でシンプルな味付けの「にしんそば」


「にしんそば」(写真、1,400円)は注文時に「太打ち(田舎そば)」「細打ち(二八そば)」が選べる。棒炊きされた鰊は、器からはみ出るほど大きく、そばの量も大盛りサイズ。つゆは濃い目。薬味は、京都・祇園「原了郭」の黒七味と刻みネギで。


最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

ログイン

ユーザー名:

パスワード:



新規登録
店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る