投稿者 : sobashogun 投稿日時: 2011-03-09 10:58:30

 2月8日から3月8日まで、東京・文京区の湯島天神で「梅まつり」が開催され、日本そば打ち名人会が「手打ち蕎麦」を振る舞った。自家製粉した挽きたての粉を使用した「手打ち蕎麦」(500円)、「十割そばやき」(200円)、「十割そばがき」(300円)等を提供し、約2,300食が販売された。

 日本そば打ち名人会は、2000年に設立された手打ち蕎麦教室で、首都圏に約5カ所の蕎麦打ち教室を持ち、会員は1,000人以上。梅まつりで手打ち蕎麦を提供するのは、今回で六年目となる。売上金の一部は、「湯島天神梅まつり実行委員会」から、各施設・団体に寄付される。

 同会・主宰の長尾喜司男氏は「このような形で社会貢献できるのも、およそ2,300人の方々が、『手打ち蕎麦』等を楽しんで頂いたお陰です」と話す。

 同会は「そば打ち体験教室」を、都心で交通に便利な湯島天神内
梅香殿2階でも行っている。開催日は、水曜、土曜、日曜(受講料1回2,800円、試食付、初心者大歓迎)

問い合わせ先:日本そば打ち名人会=04-7129-4800
HP:http://www16.ocn.ne.jp/~sobauchi/


(蕎麦将軍)


(1) 2 3 4 ... 29 »

最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

ログイン

ユーザー名:

パスワード:



新規登録

オススメ商品

Please wait...
店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る