投稿者 : sobashogun 投稿日時: 2022-11-24 16:33:04

 第27回全日本素人そば打ち名人大会が11月6日、福井市にて開催され、審査の結果、加地豪氏(北海道)が最高位の名人に輝いた。本大会は福井そばルネッサンス推進実行委員会が1996年から開催している歴史ある大会。新型コロナウイルス拡大防止のため、今回は3年ぶりの開催となった。全国14都道府県17会場で行われた予選を勝ち抜いた51名と、全国高校生そば打ち選手権大会団体の部で優勝した高校生1名の計52名がそば打ちの技術を競った。水回し・こね・延し・切りの4工程と、その他(意気込み・服装・衛生面など)の5項目で審査され、上位6名については食味審査も行われた。加地豪氏は前回大会では惜しくも努力賞だったが、今回で念願の名人位に。夫人の加地幸子氏も努力賞に選ばれ、夫婦で嬉しいW受賞となった。
 ちなみに、加地豪氏は当サイトでお馴染みの「武蔵の国そば打ち名人戦」の第4回準名人でもある。他にも加地幸子氏は同大会第3回名人、優秀賞の掛札久美子氏は第6回名人、前田幸彦氏は第4回名人である。
上位入賞者は以下の通り。
名人(知事賞) 加地豪(北海道)
準名人 水口久雄(富山県)、関山祐子(北海道)
優秀賞 掛札久美子(茨城県)、渡辺耕太(北海道)、前田幸彦(京都府)
努力賞 加地幸子(北海道)、五十嵐久隆(福井県)、柁澤真勇美(福井県)
新人賞 小池瑠里佳(群馬県)


(1) 2 3 4 ... 565 »

最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

ログイン

ユーザー名:

パスワード:



オススメ商品

Please wait...
店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る