店舗検索 >> 「蕎麦春秋vol.12」(09年冬号) 「蕎麦春秋vol.12」(09年冬号) ( 18 )
店舗検索


  • 画像をクリックすると、住所、電話番号、営業時間、定休日が閲覧できます

並び替え:   タイトル ( up down )   更新日時 ( up down )   ヒット数 ( up down )  
現在の並び順: 更新日時 (新→旧)

13 番 - 18 番を表示 (全 18 枚)
« 1 2 (3)
そば処 宝喜(喜の草書体、七が3つ)家(ほうきや) 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.12」(09年冬号)    
主人夫妻の人柄とカツ丼も最高にいい


周りは大きなビルが増え、サラリーマンの客が大勢訪れる。勢いのある町の元気なサラリーマンが通う店。写真は「鴨南蕎麦」(1,000円)。
大川や 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.12」(09年冬号)    
隅々までの気配り


モダン和風の小ぢんまりした広さの「隠れ家」的そば屋。店内はアコースティック・ギターの音楽が静かに流れている。写真は「二色せいろ」(900円、手前はせいろ、奥は粗挽き)。「いいものを出す」というこだわりを曲げずに1人ですべてを手がけている。
浅野屋 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.12」(09年冬号)    
町のそば屋に徹する姿勢


店、客ともに気取ることもなく、人と人が濃密につながる町場のそば屋。創業80年。写真の「ざる」は800円。そば粉は福井産と北海道産をブレンドしている。
いち匁(いちもんめ) 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.12」(09年冬号)    
揚げそばを器にした「いち匁サラダ」


捏ねて延したそばを、器状に型どって揚げる。その揚げそばに、そば切りと野菜を交互に重ねる。ちょうどサラダとそばメニューの中間の位置づけで看板料理になっている。「いち匁サラダ」(写真、1,000円)
天祥庵 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.12」(09年冬号)    
酒、味醂、醤油でシンプルな味付けの「にしんそば」


「にしんそば」(写真、1,400円)は注文時に「太打ち(田舎そば)」「細打ち(二八そば)」が選べる。棒炊きされた鰊は、器からはみ出るほど大きく、そばの量も大盛りサイズ。つゆは濃い目。薬味は、京都・祇園「原了郭」の黒七味と刻みネギで。
山せみ 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.12」(09年冬号)    
そばかっけと湯豆腐


「そばかっけ」とは岩手の郷土料理。そばを切る際に生じる切れ端を、どうにか食べられないかと、できた料理といわれる。「そばかっけと湯豆腐」(写真、750円)は、そば湯が入った鍋の中にそばかっけ(十割)、豆腐、水菜を入れ、もりつゆかにんにく味噌で食べる。薬味は山椒と大根おろし。


最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

ログイン

ユーザー名:

パスワード:



新規登録
店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る