店舗検索 >> 「蕎麦春秋vol.46」(18年夏号) 「蕎麦春秋vol.46」(18年夏号) ( 14 )
店舗検索


  • 画像をクリックすると、住所、電話番号、営業時間、定休日が閲覧できます

並び替え:   タイトル ( up down )   更新日時 ( up down )   ヒット数 ( up down )  
現在の並び順: ヒット数 (高→低)

1 番 - 6 番を表示 (全 14 枚)
(1) 2 3 »
そばの里 深萱ふ〜ど 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ カテゴリ 「蕎麦春秋vol.46」(18年夏号)    
里山で出会った新流そば打ち


元々そばが大嫌いだった店主が、四十歳の時に食べたそばの美味しさに衝撃を受け、開業した同店。そばは全て十割で打つが、切れ目をつくって打つ、店主が編み出した独自の方法。これにより甘みが増し、コシも出る。「盛りそば」(1,000円)は玄ソバを自家製粉した挽きぐるみのそば。
かね田 宝庵 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.46」(18年夏号)    
プロ自慢のつゆにそばが引き立つ


そばに蒸し寿司、小鉢、甘味、飲み物が付く「桜御膳」(2,300円)は、初めての来店時におすすめ。「桜」とは、そば用語で「少なめ」を表す語。「蒸し寿司御膳」(2,200円)や「茶巾御膳」(2,000円)等もある。
お蕎麦のしらかめ 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.46」(18年夏号)    
昼から地酒片手に十割そばを手繰る


賑やかな経堂農大通りから1本入った住宅街にひっそりと佇む、石臼挽き十割そばが評判の店。「ごま汁」(870円)に添えられているのはシソの葉。ゴマの上品な甘みと香ばしさが漂うそばつゆは、まろやかでクリーミー。十割そばにもよく合う。
松月庵 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 神奈川県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.46」(18年夏号)    
伸びしろを信じて地元密着型営業に努める


看板メニューである「特海老天せいろ」(1,900円)は、天ぷらが売りと豪語するだけに、20?はあろうかという大ぶりの海老天2尾に、季節の野菜の天ぷらが付いている。
寺方蕎麦 長浦 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.46」(18年夏号)    
浅草の車夫に人気の「妙興寺そば」


「妙興寺そば」(1,200円)は、黒いホシが浮かび上がった細麺のそばに、細切りのしらが大根が和えてある。つけ汁には、醤油が生成される2工程前の液体「みそたまり」を使用しており、同店にしか出せないうま味になっている。
手打そば 深山 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 神奈川県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.46」(18年夏号)    
冷たいつゆで食す「鴨せいろ」が人気


鴨せいろといえば温かいつゆにつけて食べるのが一般的だが、同店の「鴨せいろ」(1,300円)は、鴨肉と野菜に冷たいつゆを注いだもので食べる。


最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

ログイン

ユーザー名:

パスワード:



店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る