店舗検索 >> 「蕎麦春秋vol.45」 (18年春号) 「蕎麦春秋vol.45」 (18年春号) ( 16 )
店舗検索


  • 画像をクリックすると、住所、電話番号、営業時間、定休日が閲覧できます

並び替え:   タイトル ( up down )   更新日時 ( up down )   ヒット数 ( up down )  
現在の並び順: タイトル (Z → A)

1 番 - 6 番を表示 (全 16 枚)
(1) 2 3 »
駅ナカすたんどそば助 東武曳舟駅店 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.45」 (18年春号)    
「塩だし」のそばが駅ナカでも食べられる


「究極の塩だし」を謳うそば助の駅そば店。一般的なそばつゆは醤油ベースだが、同店のつゆは塩だし。人気は「究極の塩とりそば」。塩だしのつゆは薄味に思えるが、カツオの風味がしっかりとした味わい。そばの風味を引き立てる。
駅そば大宮 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 埼玉県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.45」 (18年春号)    
地元産の食材を用いた「さいたまそば」


一番人気のメニューは「さいたまそば」(450円)。名前の由来は、埼玉県産の甘いサツマイモと長ネギ、春菊を使用していることから。サツマイモと長ネギの甘みと春菊のほろ苦さが、絶妙な味わい。
神田錦町 更科 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.45」 (18年春号)    
東京を代表する老舗そば屋


明治半ば創業の約百三十年の歴史を持つ老舗。しかし、敷居が高く格式張った店ではない。「季節の二色せいろ」(1,000円)は変わりそばと二八の二種類の味が楽しめる。代わりそばは原則週替わり。漫然と同じ仕事を繰り返さないところに老舗たる所以を感じる。
石臼挽手打蕎麦 丹凛 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.45」 (18年春号)    
都会の隠れ家で地酒とそばを楽しむ


「天せいろ」(1,700円)は、北海道産のそば粉を使用。その日に打つ量だけ石臼で自家製粉し、少々の粗挽き粉とソバの甘皮を加えることで、独自のそばに仕上げている。
手打そば 風來蕎 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 神奈川県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.45」 (18年春号)    
無農薬・有機栽培の挽きたてそば


限定メニューの「手挽きせいろ」(1,080円)は土・日曜、祝日のみ10食注文することができる。ホシが浮かぶ細打ちの田舎そばは、食感はモチモチとしており、噛み締めることで、穀物の甘さが口の中に広がる。
弥生軒8号店 高ヒット
投稿者 運営担当    
タグ 千葉県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.45」 (18年春号)    
元祖メガ盛りの「唐揚げそば」


メガ盛りB級グルメとしてお馴染みなのが、同店の「唐揚げそば」(540円)。唐揚げは丼が覆い尽くされ、そばが全く見えないほどの大きさ。厚めの衣はカリッと揚がり、モモ肉はやわらかくてジューシー。甘辛系のつゆとも相性抜群。


最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

ログイン

ユーザー名:

パスワード:



新規登録
店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る