店舗検索 >> 「蕎麦春秋vol.44」 (17年冬号) 「蕎麦春秋vol.44」 (17年冬号) ( 11 )
店舗検索


  • 画像をクリックすると、住所、電話番号、営業時間、定休日が閲覧できます

並び替え:   タイトル ( up down )   更新日時 ( up down )   ヒット数 ( up down )  
現在の並び順: 更新日時 (新→旧)

1 番 - 6 番を表示 (全 11 枚)
(1) 2 »
石臼挽きそば 東間
投稿者 運営担当    
タグ 長野県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.44」 (17年冬号)    
細めの挽きたて「そば」を満喫


そばは北海道産の玄ソバを使用。同店で提供されているそばは、前日に石臼で挽いているため新鮮。そばつゆは、雑味のないすっきりとした味わいにするため、3年以上寝かせた本枯節の削りたてを使用している。他にも野菜等の素材は地元産を使用している。
手打 西むら
投稿者 運営担当    
タグ 埼玉県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.44」 (17年冬号)    
駅前で旬香るそばと一品料理に舌鼓


「もり」(700円)に使用しているそば粉は北海道産や茨城の常陸秋そばをメインに仕入れ、二八で打つ。もりつゆはカツオ節の厚削りのみ。季節が進むにつれ、使用するソバの産地も南下していくという。平日はそばと丼のランチセットもある(数量限定、1,000円)。
玄 田むら
投稿者 運営担当    
タグ 埼玉県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.44」 (17年冬号)    
玄ソバを石臼製粉した「粗挽き」が評判


定番メニューは、ソバの実を丸ごと粗く挽き込んだ「粗挽き」(1,000円)、殻をむいて細かく挽いた「せいろ」(900円)、その両方を楽しめる「味くらべ」(1,280円)。どちらも外二で打っており、かけつゆにはサバ節、もりつゆには本節と、そばの風味をしっかり楽しめる味加減となっている。
蕎麦切り 旗幟
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.44」 (17年冬号)    
こだわり食材を「鴨つくねとじそば」


自慢のメニュー(季節限定)の「鴨つくねとじそば」(1,340円)は、関東では入手困難な京都・鷹峯産のネギを使用、放し飼い、無投薬で育った茨城の「かすみ鷄」使用。温かいそばのつゆは、江戸前とは一線を画す、だしが効いた薄口の優しい味わいだ。
手打ちそば ふじ
投稿者 運営担当    
タグ 神奈川県 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.44」 (17年冬号)    
そばはもちろん一品料理も充実


人気メニューの「二色もり」(700円)は、北海道産のキタワセを二八で打っており、風味がしっかりとした歯ごたえの田舎そばはと、せいろの2種類のそばが楽しめる。それぞれ100gあるので、食べ応えも十分だ。
そば 一仁
投稿者 運営担当    
タグ 東京都 カテゴリ 「蕎麦春秋vol.44」 (17年冬号)    
自家製粉の粗挽きそばが破格値で楽しめる


「せいろそば」(550円)はやや細めで打たれた端正なそばは、田舎、粗挽き、微粉の3種類をブレンドするという凝りよう。濃厚な風味で歯ごたえもしっかりあり、それでいてのど越しもいいそばは、3種の粉をいいとこ取りしている。


最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

ログイン

ユーザー名:

パスワード:



新規登録
店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る