運営担当 さんの日記

 
2023
9月 4
(月)
13:11
第72回「分上野藪 かねこ」(埼玉・浦和)
本文
 近くで会合があり、金曜日の夜に久しぶりに伺ったら、ご主人と奥さんが不在だった。お具合でも悪いのかと思ったが、「夜は休んでいるのです」と若女将が答えたので安心した。このお店は通しの営業なので、夜は若夫婦に任せているのだろう。ご主人ご夫妻がお店を任せて安心なように若夫婦を育てたのだ。
 18:40過ぎ、お客は4組いた。生ビール(720円)、そば焼酎(600円)、鴨やきとり(1,400円)、枝豆(茶豆・600円)、鱧の天ぷら(二ケ)<山口>(680円)、せいろ大盛(1,200円)を頂いた。ご主人ご夫婦がいなくても接客は完璧だし、料理もそばも相変わらず美味しかった。若夫婦に任せて何の問題もない。
 若奥さんに「お昼間はまだ多くの人が並んでいますか」とお聞きすると「いまは暑いですから、以前に比べて人数は減っています」とおっしゃった。であれば、お昼に伺う手もあるなあ、などと考えていた。美味しいものはいつでも食べたい。ただ、健康診断では再検査の通知。小生ももう古希。このお店のように一部、誰かに経営を任せたいが、当分それは難しそうだ。

<ズバッ>どのお店でも代替わりが問題だが、このお店では不安は全くない。うまい具合に事業継承されていくだろう。
閲覧(24366)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。

最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る