運営担当 さんの日記

 
2023
6月 8
(木)
11:15
第69回 特別編 山形県・西川町「月山蕎麦」
本文
 今日は山形県西川町のそば。というのも山形県西川町が「“雪と山と森の幸”食堂」を東京・日本橋人形町の「きく家はなれ」で開催したからだった。江戸ソバリエ協会理事で、料理研究家の林幸子さんが料理を提供。山形県西川町の町おこしの一環で、ゆくゆくは西川町のレストランやアンテナショップを東京でオープンしたい思惑があるとか。その会にご招待を受けた。西川町といえば月山。ふるさと納税の返礼品には、月山の美味しい水を使った月山クラフトビール、月山山麓ワイン、月山山麓スパークリングワイン、月山和牛、月山MALTポーク、月山まんじゅう、月山ゆべし等がある。今回いただいたのは「打ちたて月山蕎麦山菜きのこつけつゆ」。月山筍の直焼き(月山筍、塩)、大根の煮物(西川町産切り干し大根)、だしをかけた豆腐(山形名物だし奴)、西川の一口デザートの小鉢が付いていた。九一のそばも滋味があり美味しかったが、つけ汁のキノコがまたいい味を出していた。凍らせた餅を乾燥させたデザートもサクサクしていて実に美味だった。こんなに美味しいものをご招待でいただいて、嬉しいこと限りない。西川町のみなさんには感謝。

<ズバッ>西川町の方にはタダでご馳走になったのだから、せめて、ふるさと納税で町の財政のお役に立ちたい。といっても少額ですが。
閲覧(26885)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。

最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る