運営担当 さんの日記

 
2021
5月 31
(月)
12:17
第61回「分上野藪 かねこ」(埼玉・浦和)
本文
 東京等が緊急事態宣言中、さいたま市浦和区へやって来た。さいたま市はまん延防止等重点措置の対象区域だ。5月28日午後15時過ぎ。この名店でさえ、客は1人もいなかった。4月24日土曜のお昼時、12時半過ぎには満席で入店できなかったのだが−−。 「ランチが終わった後はいつもこんな状況です」とご主人の金子徹さん。「売上は4割落ちています」と金子夫人。売上をあげなければとノンアルコールビールを2本頼み、鴨やきとり(1,350円)、玉子焼き(720円)、天せいろう(1,980円)でもう満腹。これが精一杯だった。
 鴨は厳選した素材だけに旨味が強い。玉子焼きは適度な甘さでしつこくない。天ぷらのイカは半ナマで旨味が凝縮されている。そばはいうまでもなく美味い。何を食べても美味いのだ。外食になかなかいけないいま、久しぶりに美味しいものをいただいた。こうしたお店ですら売上減の時代、一般の店舗の状況を考えるに忍びない。とにかく、そば店を守るためにそば屋に行くしかない。

<ズバッ>こんな名店でさえ暇な時間帯があるというのが驚きだった。新型コロナウイルスを心より恨む。
閲覧(1421)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。

最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る