運営担当 さんの日記

46件のうち1 - 30件目を表示しています。

[投稿日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]
10月
6 (月)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 京都に行くと、そば、うどんの比率が気になる。お店に入って、どちらの注文が多いか観察している。歌手の西城秀樹さんのトークをきいて、次の日の昼、新幹線に乗る前の間...
続きを読む | 閲覧(396493) 
10月
6 (月)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 両国は東京でサツまわりをはじめたところである。警視庁7方面担当。記者クラブが本所署にあった。近所の銭湯にいったら初湯に元大関の名寄岩がつかっていたなぁ。大相撲...
続きを読む | 閲覧(396618) 
10月
6 (月)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 年4回、シーサイドホテル芝弥生で「東京そばの会」をひらいている。9月26日、今年3回目の会を開催。足利から「蕎遊庵」の根本忠明さんに来てもらった。参加したのは...
続きを読む | 閲覧(367582) 
8月
27 (水)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
「デーリー東北」の取材で八戸に行った。おそば屋さんを探したが、二軒とも休み。「本八戸駅」に着くと、構内の食堂に「せんべいそば」(580円)があった。「せんべい汁...
続きを読む | 閲覧(369663) 
8月
27 (水)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 丸ノ内線「淡路町」下車、歩いて3分。190年続くそば屋を手打ちに変えたのが8代目、益川雄さん。29才と若い。カウンター12席に座ると目の前で天ぷらを揚げ、父親...
続きを読む | 閲覧(396470) 
8月
27 (水)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 原宿の「キディランド」隣にマグノリアベーカリーがオープン。内覧会に出た。カップに入ったプチケーキが並んでいる。おじさんはただ1人。若い女性の編集者、記者が多い...
続きを読む | 閲覧(341135) 
9月
22 (月)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 綾部は私の故郷である。泊まったのは「京綾部ホテル」。天然温泉「大家族の湯」があって、ゆったりと入れる。もう1つはホテル内にめん処「七右衛門」がある。この2つに...
続きを読む | 閲覧(364546) 
9月
11 (木)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 久しぶりに大阪駅で降りて、北口の変わりようにびっくりした。新しいビルがいくつも建って、東京のどこかのターミナルのよう。南口も変わったが、昔の面影は残っている。...
続きを読む | 閲覧(358597) 
10月
23 (火)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
「総本家 更科堀井」は創業から230年を数える名店だ。先祖は江戸初期に信州保科村から出てきた布屋の清助。8代目の清右エ門がそば店を開業したが、江戸の名店として人...
続きを読む | 閲覧(19138) 
10月
16 (火)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
「一茶庵」創業者・片倉康雄氏の弟子だった山寺芳男氏が開いた「市川一茶庵」。そこで修行をしたのがこの「禅味 はすみ」の蓮見嘉明氏だった。 ここの鴨焼(1,200円...
続きを読む | 閲覧(20245) 
9月
27 (木)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 小松庵は多くの逸材を輩出している。ミシェランガイドに掲載された東京・東十条の「一東菴」、埼玉・東浦和の「蕎楽房 一邑」の店主はここの出身だ。平日の13時半だと...
続きを読む | 閲覧(25165) 
9月
6 (木)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 久しぶりに麻布十番に行き、「永坂更科 布屋太兵衛 麻布総本店」に入った。麻布十番には他に「総本家 更科堀井本店」「麻布永坂 更科本店」もある。寛政年間のはじめ...
続きを読む | 閲覧(32694) 
8月
13 (月)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 8月12日の昼に久しぶりに行ってみた。今回は1日限定5杯までという「焼き茄子ぶっかけ」(1,800円)を頂いた。連れは十割の「もりそば」(1,000円)だった...
続きを読む | 閲覧(40422) 
5月
9 (水)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 話が前後して恐縮だが、5月3日、関越自動車道の帰り道に以前から気になっていた店に行った。幹線道路から見える「四季のそば膳 えの本」の設えに惹かれていたが、一度...
続きを読む | 閲覧(63499) 
5月
8 (火)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 ゴールデンウィーク最終日の5月6日、上野に出かけた。時刻は午後4時。上野駅周辺も、アメ横も、外国人を中心に人でいっぱい。以前に比べて急激に飲食店が増加していた...
続きを読む | 閲覧(66020) 
2月
13 (火)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 浦和駅を降りて「浦和ロイヤルパインズホテル」に用事があるときは必ず立ち寄る。つまみが抜群に旨く、そばも申し分ない旨さだ。この日は、白子ポン酢(750円)、幸手...
続きを読む | 閲覧(81261) 
10月
3 (火)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 名店「大井 布恒更科」の2代目店主の伊島節さんの長男・伊島始さんのお店に来た。『蕎麦春秋』43号の匠の流儀にご登場頂いている。白海老の天ぷら、ハゼの天ぷら、そ...
続きを読む | 閲覧(102850) 
9月
20 (水)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 第30回目に登場している「東間」にまた来てしまった。ごぼうのから揚げ(1,030円)と鴨やき(1,340円)、それにざる蕎麦(980円)を頂くためだ。9月17...
続きを読む | 閲覧(107935) 
8月
14 (月)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 元祖・鴨せいろの長寿庵。1963年に偶然の産物として「鴨せいろ」が出来上がったといわれる。当時は冷たいそばを温かい汁で頂くという習慣はなかった。ところが、ざる...
続きを読む | 閲覧(121303) 
5月
30 (火)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 平日の昼というのに行列ができていた。それも中国の方はじめ、10代、20代の人達だ。地方から修学旅行にでも来たのだろう。10代とおぼしき少年2人は、「かけそば」...
続きを読む | 閲覧(154267) 
2月
6 (月)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
この季節は、かきが好物なのでついかきそばを食べたくなる。東京・新川の住友ツインビルから銀座まで歩いて帰ってくる途中「更科 丸屋」に寄った。注文したのは「かきそば...
続きを読む | 閲覧(189269) 
1月
30 (月)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
江戸切り二八蕎麦・旬菜 「浅野屋」との店名。池袋駅前が本店で、神楽坂店、そして、東池袋駅前ライズアリーナ店の3店舗を運営しているらしい。東池袋駅前店は鴨つくねそ...
続きを読む | 閲覧(182471) 
1月
16 (月)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
日本橋に来ると必ず寄って「おろしそば」をいただく。「越前おろしそば」は、そばに大根おろしが載り、つゆがかかっていたり、つゆと大根おろしが別々に出てくるところもあ...
続きを読む | 閲覧(179158) 
1月
10 (火)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
1月6日の午後に行ったが満席だった。東京の十条駅北口改札を出て、十条銀座を入ってすぐの左手。店内は街場のそば店にしては上質な雰囲気だ。高級感がある。そば前に天ぬ...
続きを読む | 閲覧(166039) 
10月
3 (月)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 軽井沢に来ると、必ず立ち寄る『東間』。ここの「ごぼうのから揚げ」(1,030円)が、大の好物だ。誰もが言うことだが「ごぼうの美味しさを実感」する逸品。大勢でい...
続きを読む | 閲覧(191591) 
9月
29 (木)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
人気のパーキングエリア。東北自動車道上り線の羽生パーキングエリア「鬼平江戸処」の「本所さなだや」に行った。それにしても、ここは平日というのに、人であふれている。...
続きを読む | 閲覧(161404) 
9月
12 (月)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 お昼に伺ったが、会社勤めの男女で満席だった。「もり蕎麦」ともう一品を頂けるセット(空・972円、夢・1,188円[大もり])と、梵・[好きなそばを二品で1,4...
続きを読む | 閲覧(158144) 
9月
9 (金)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 会津に来れば、向かう先は、鶴ヶ城と白虎隊自刃の飯盛山。頂くのは榮川酒造の酒、そして、桐屋のそば。注文したのは石臼挽き十割の「会津頑固そば」、一番粉の白いそば「...
続きを読む | 閲覧(146952) 
7月
11 (月)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 たまには、会社の側の立ち食いそば店へと、銀座3丁目の「吉そば」にやって来ました。 ここは24時間営業。24時間エンドレスの編集者にはありがたいお店です。 頼ん...
続きを読む | 閲覧(125783) 
6月
29 (水)
カテゴリー  編集長ののどごし日記
 そば通の誰もが「美味しい」という「菊谷」に初見参。さばの薫製、天ぷら、わさびの茎の醤油漬け、わさび味噌を頼んだ。 仕上げのそばは「利き蕎麦」。福島産の二八と長...
続きを読む | 閲覧(124382) 
46件のうち1 - 30件目を表示しています。

 

最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る