運営担当 さんの日記

[2022-5] カテゴリー [編集長ののどごし日記] 
 
2022
5月 11
(水)
13:40
第64回「戸隠蕎麦 山故郷 やまざと」(長野・長野市)
本文
 7年に1度の善光寺のご開帳に行った。参拝帰りの午後2時過ぎ。戸隠蕎麦と書かれているのに心ひかれて飛び込んだ。お腹をすかせていたから、頂いたのは「ミニ天丼ざるそばセット」(そば5ボッチ:1,000円)。
 久しぶりのボッチそば。瞬く間に5ボッチを消化した。店主が「どうでした? おそばは」というので、「とても美味しかった」と感想を述べたが、ボッチ盛りは実に食べやすいし、戸隠山系の水で打たれたそばは香りも豊かだった。もっと食べたかったが、連休で体重が2kg増。我慢せざるを得なかった。
 他のメニューはざるそば(5ボッチ:800円)、天ぷらざるそば(5ボッチ:1,450円)、竹の子ごはんランチ(5ボッチ:1,150円)、冷たい香梅そば(1,000円)だった。善光寺仲見世通りにはたくさんのそば店があったが、昼時だったせいかどこも行列。ほどよい混み具合のお店だった。

<ズバッ>仲見世通りから少し外れているから、並ばなくても入店可能だ。
閲覧(23173)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。

最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る