運営担当 さんの日記

 
2020
9月 7
(月)
12:18
第55回「石臼挽き蕎麦 東間」(長野・軽井沢)
本文
観光地、とりわけ首都圏から近い別荘地は、コロナ禍を受けて、早い時期から首都圏からの避難客が押し寄せて問題となった。しかし、スーパーに行くことはあっても、飲食店に人はおとずれなかった。軽井沢にあるこのお店は「8月に入ってお客さんが戻ってきました」と9月6日に店主夫人はいった。やはり、美味いそば店は客足の戻りは早い。この日は「いろいろ葱の春巻き」(620円)を初めて頂いたが、実に旨い。お勧めだ。そば(もり蕎麦大盛り1180円)が旨いのは当然だが、「ごぼうのから揚げ」(1030円)は相変わらず揚げ物なのにさっぱりして美味しい。鴨やき(1340円)、だし巻き玉子(1030円)も頂いた。すべてが美味しい、満足した。

<ズバッ>
日曜日ということもあったろうが、13時過ぎにお店は満席。コロナ禍にも負けていなかった。
閲覧(1912)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。

最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る