運営担当 さんの日記

[2019-12] 
 
2019
12月 2
(月)
12:18
第51回「御清水庵 清恵」(東京・日本橋)
本文
 最高気温が10度だという日にもかかわらず、日本橋に行くとこのお店の「おろしそば」が食べたくなった。お店の壁には「季節限定(温麺)カキ天そば1,300円」の張り紙があったが、あったかいそばをがまんして、否、ここでいただくのは「おろしそば」と決めているから、今日は「おろしそば大盛」(1,050円、通常は850円)とミニ天丼(200円)を注文。「越前おろしそば」は大根のしぼり汁で食べるが、ここのつゆはじつにうまい。そばは福井県の提携農場のソバ粉が手打ちされている。この固めのそばがおいしいのだ。まずは「おろしそば」だけをいただく。寒い日でもやっぱり「おろしそば」と納得できる味。200円のミニ天丼もうまい。きす天丼、鯖燻製と茸の炊き込みごはんも200円。日本橋のサラリーマンに人気だから、11時半だというのに次々とお客がやってくる。1月中旬の気温の日だというのに、小生同様次々と「おろしそば」を注文している。やはり、みんな「おろしそば」を食べに来ている。うまいものは寒さを跳ね返すのだろう。

<ズバッ>ここでは寒さに負けず「おろしそば」を食べたい。体が温まること請け合いだ。
閲覧(31723)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。

最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る