運営担当 さんの日記

 
2018
10月 16
(火)
10:21
第45回目「禅味 はすみ」(埼玉・さいたま市大宮区)
本文
「一茶庵」創業者・片倉康雄氏の弟子だった山寺芳男氏が開いた「市川一茶庵」。そこで修行をしたのがこの「禅味 はすみ」の蓮見嘉明氏だった。
 ここの鴨焼(1,200円)は実に旨い。鴨肉はなかなかお目にかかれない厚みがある。味はやや濃いめなので、お酒が欲しかった。海老の天ぷら(1,500円)は大ぶり。お店の方が「お2人なら海老をカットしてきましょうね」という心遣いをしてくれた。かも汁そば(1,000円)を頂いたが、メニューには松茸そば(時価)もあったが、懐を考えて連れはおせいろ(600円)を注文。雰囲気ある店内と外観。お座敷そば店を目指しているという思いが伝わってくる。家族連れが多くいたところから、近隣の方に親しまれていることがうかがえた。

<ズバッ>おつまみには本からすみ(600円)もあった。そば前もたっぷり味わえる。
閲覧(10472)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。

最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る