運営担当 さんの日記

 
2018
9月 27
(木)
17:08
第44回目「総本家 小松庵 駒込本店」(東京・駒込)
本文
 小松庵は多くの逸材を輩出している。ミシェランガイドに掲載された東京・東十条の「一東菴」、埼玉・東浦和の「蕎楽房 一邑」の店主はここの出身だ。平日の13時半だというのに次から次に顧客がやって来る。人は美味しいものを知っているのだ。注文したのは、鴨焼きの塩(1,400円)、天盛り(1,800円)、生粉打ちの辛味おろしそば(1,500円)。連れは、生粉打ちのせいろ(1,200円)とせいろ(900円)だった。やはり、ここのそばは美味い。のどごしもいいし、つゆも好みの味。洒落た店内で食べる鴨焼きも、天ぷらも言うことない。名店の味がさらなる名店を生み、受け継がれていく。凛とした店内に足を運ぶべきだ。ちなみにそばには六義園がある。秋の散歩の後に小松庵というコースはいかがだろうか。

<ズバッ>このお店の1階では年に1度、江戸ソバリエ協会主催のジャズ演奏の会が開かれている。
閲覧(4745)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。

最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る