運営担当 さんの日記

 
2017
1月 30
(月)
09:46
第33回目「浅野屋」(東京・東池袋)
本文
江戸切り二八蕎麦・旬菜 「浅野屋」との店名。池袋駅前が本店で、神楽坂店、そして、東池袋駅前ライズアリーナ店の3店舗を運営しているらしい。東池袋駅前店は鴨つくねそば(1,400円)と鴨つくねせいろ(1,400円)が売りのようだ。
この日は、大食いの本領を発揮して、ランチの牡蛎そば定食(じゃこご飯付き)とせいろをいただいた。料金は1,810円。そば粉は北海道音威子府産と書かれていたが、まあ、可もなし不可もなし。そばのうまみを余り感じなかった。二八がいちばん美味しいと思っている小生には不満足。食べ過ぎのために味音痴になったか?
近くによく立ち寄る企業があるが、次に来ようとは思わなかった。つゆもそばも物足りなさを感じたのはなぜだろうか。

<ズバッ>賃料が高いのだろう。値段の割には味は今ひとつ。
閲覧(4095)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。

最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る