運営担当 さんの日記

 
2014
10月 22
(水)
18:38
第11回目「そば博」(新潟・新発田)
本文
 全麺協のそば博、ことしの会場は新発田市。10月17日に会場を訪れた。全国から15チームが出展。どこで食べるか迷うが、まずはそば打ち5段の寺西恭子さんに誘われて、「播州討ち入りそば」に入る。「とろろそば」(600円)である。播州は47士の赤穂のあるところ。とろろは地元の特産だし、討ち入り前に「精力をつけた」とこじつけている。
 もう一店は地元の「蕎麦打ち道場 一寿(いちじゅ)の会」。山岳そばの「一寿庵」店主がリーダー。「鴨汁だったんそば」(600円)と「岩魚てんぷら」(300円)を食べた。新発田はだったんそばの生産をふやそうとしている。
 
<ズバッ> 15チームの内、すぐに行列ができたのは北海道の4店。北の大地のそばはおいしさ上昇中!
閲覧(256816)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。

最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る