料理研究家の脇雅世さんが『いちばん親切でおいしい低温調理器レシピ』上梓!

投稿日時 2020-11-30 23:00:36 | カテゴリ: 最新ニュース一覧

 江戸ソバリエであり、料理研究家として、これまで多くの料理に関する書籍を上梓してきた、脇雅世さんが手がける、『いちばん親切でおいしい低温調理器レシピ 』(1,800円+税、世界文化社)が12月18日に発売される。また、韓国語版の発売も決定している。
 本書では低温調理のノウハウを解説する。低温調理法は、パック等で真空状態にした食材を専用の調理用ヒーターを用いて、55〜67℃という比較的低温でじっくり加熱することで、お肉であれば、しっとりとした食感に、煮物であれば、じっくりと味を染み込ませることができる調理法だ。
 書籍内では、そんな低温調理法を用いたレシピを和洋中、デザートまで60点以上紹介。初めて低温調理法に挑戦したいという方にも安心な、調理の基本工程までサポートした一冊となっている。

【書名】
いちばん親切でおいしい低温調理器レシピ(世界文化社)

【定価】
1,800円+税

【ご注文はこちらから】
https://www.sekaibunka.com/






蕎麦春秋.comにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.sobashunju.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.sobashunju.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=521