運営担当 さんの日記

カテゴリー [編集長ののどごし日記] 
 
2017
8月 14
(月)
14:15
第36回目 銀座「長寿庵」(東京・銀座)
本文
 元祖・鴨せいろの長寿庵。1963年に偶然の産物として「鴨せいろ」が出来上がったといわれる。当時は冷たいそばを温かい汁で頂くという習慣はなかった。ところが、ざるそばのつゆをこぼしてしまったので、鴨南うどんのつゆでざるそばを食べた。それが鴨せいろの始まりだという。このお店は昭和通りを越えた銀座1丁目界隈の人気店。お昼になればビジネスマン、ウーマンでいっぱいになる。頂いたのはかつ丼とざるそばのセット(1,300円)。かつ丼にはお味噌汁と漬け物がついてくる。セットメニューがあることがうれしい。かつ丼はボリュームがあり、セットメニューにありがちな少量ではない。ざるそばは、しっかりとしたコシと喉越しがいい。つゆは鰹出汁の香りが絶妙。ちなみに鴨せいろは1,100円。

<ズバッ>一度はここの鴨せいろを味わってほしい。
閲覧(4543)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。

最新号

蕎麦春秋

絶賛発売中!!

月刊リベラルタイム

リベラルタイム

絶賛発売中!!

店舗登録方法指南書
ページの先頭へ戻る