江戸ソバリエ協会理事長・ほしひかる氏が『新・みんなの蕎麦文化入門』を上梓!

投稿日時 2021-03-23 13:47:31 | カテゴリ: 最新ニュース一覧

 江戸ソバリエ協会理事長で、『蕎麦春秋』本誌にて「暖簾めぐり」を連載中のほしひかる氏による新著『新・みんなの蕎麦文化入門』(アグネ承風社)が4月1日に発売される。
 本書では人類が穀物栽培を始めた1万年前から、日本そばまでを問い直すことによって、日本の食文化を再検証していく。日本語の「蕎麦」の語源に始まり、日本人が冷たいそばが好きな理由、そば屋の起源、そばの食べ方の流儀等が本書では語られる。そばに関する著作の傍ら、江戸ソバリエ協会理事長として、そば文化の振興に尽力してきたほしひかる氏だからこそ書けた一冊といえる。
本書は下記アグネ承風社に申し込めば10%引きの上、送料無料となる。

【書名】
『新・みんなの蕎麦文化入門〜お江戸育ちの日本蕎麦〜』(アグネ承風社)

【定価】
2,200円(予定)

【ご注文はこちらのメールアドレス宛てに】
agne-shofu@apost.plala.or.jp





蕎麦春秋.comにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.sobashunju.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.sobashunju.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=532