不易流行で生まれた創作そば「出流 白そば」

投稿日時 2017-10-01 17:05:06 | カテゴリ: 最新ニュース一覧

 栃木の出流町にあるそば屋「そば処 さとや」にて、新しく誕生したそば、「出流 白そば」は江戸ソバリエ協会理事長のほしひかるさんが命名した。この「出流 白そば」は、つなぎに木綿豆腐を使って打ち、つゆは豆乳で仕立てられている。
 命名したほしひかるさんは「豆腐つなぎに豆乳つゆのおそば」はやはり「白」が似合うということと、出流ならではということもあり、この「出流 白そば」に命名したという。
 白っぽいそばといえば、更科粉で打った江戸の「更科蕎麦」は本場中の本場だが、出流の豆腐つなぎに豆乳つゆのおそばの白さは別次元の白さ。他では出せない「出流 白そば」ならではのそばを味わいに「そば処 さとや」へ行ってみてはどうだろうか。

店名:そば処 さとや

住所:栃木県栃木市出流町179(出流山満願寺から徒歩10分)
  
TLE:0282-31-0919

営業時間:11:00〜17:00

定休日:火曜






蕎麦春秋.comにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.sobashunju.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.sobashunju.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=393